【犬種】スタンダード・プードルとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

スタンダードプードル 全身

優美な姿でフランスの貴族たちにも愛されてきたプードル。スタンダード・プードルは泳ぎが得意で、祖先犬は水辺で猟師が打ち落とした獲物を運んでくる鳥猟犬でした。
今回はそんなスタンダード・プードルの性格と飼い方、しつけのコツについて紹介します。



スタンダード・プードルとは?

1. スタンダード・プードルとは

スタンダード・プードルの原産地は、フランスです。
元々鴨猟に使われていたので、フランスでは「chien canard(鴨犬)」が変化した「caniche(カニシュ)」とも呼ばれています。

2.平均体高・平均体重

スタンダード・プードルの平均体高は、オスメス共に45~60cmです。
平均体重は15kg~30kgの中型犬または大型犬です。
※25 kgを超えた場合は、大型犬に分類されます。

3. 簡潔な歴史

モフモフのスタンダードプードル

スタンダード・プードルの歴史は、ドイツから持ち込まれた水辺の猟を得意とする犬が祖先犬だといわれています。
非常に古い時代からヨーロッパを中心とした世界各地で見られており、正確な原産地は特定されていませんが、フランスで人気となったため一般的にフランスとされています。
そして16世紀フランスで、上流階級の愛玩犬として小型化されたミディアム・プードル、ミニチュア・プードル、トイ・プードルが生まれました。

4.名前のルーツ

プードルの名前の由来は、ドイツ語の「Pudel」(水中でバチャバチャと音を立てる)からきています。
英語では「Standard Poodle」と表記します。
日本では略して「スタンプー」とも呼ばれます。

5.日本で飼育されている数

日本で飼育されているスタンダード・プードルの飼育数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2017年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみると681頭です。

2017年犬種別登録頭数:ジャパンケネルクラブ

犬全体の登録数が295,910頭ですから、全ての犬種に占めるスタンダード・プードルの割合は約0.23%で、プードルの中ではトイプードルに続いて2番人気です。

6.飼いやすさの目安

社会性・協調性がある ★★★★☆4
健康管理がしやすい ★★★★☆4
初心者向き ★★★☆☆3
噛み癖がつきにくい ★★★★☆4
訓練されるのが好き ★★★★☆4
物覚えがいい ★★★★☆4
飼いやすさの目安:23/30

スタンダード・プードルの毛色

毛色は全てのプードルに共通して、ホワイト、ブラック、ブラウン、シルバー、クリーム、アプリコット、レッド、ブルー、グレー、シルバー・ベージュなどがあり、キレイな単色であることが理想とされています。

ペットショップでの購入価格

スタイをつけるスタンダードプードル

スタンダード・プードルは、ペットショップでは取り扱いが少ないため、ブリーダーからの購入になるかと思います。購入価格の相場は、血統などによっても幅があり18~35万円です。

  • 混合ワクチン……16,000円
  • 狂犬病予防接種… 3,500円
  • 健康診断………… 3,000円
  • 畜犬登録………… 3,000円
  • 飼育グッズ………30,000円
初期費用は235,500〜405,500円

この犬と暮らしたい!でも手持ちが、そんな時のペットローン

理解してあげよう!スタンダード・プードルの性格の3大特徴って?

1. 賢い

スタンダード・プードルは、飼い主の指示をすぐに理解し予測します。とても賢く訓練性が高いので介助犬や盲導犬としても活躍しています。
全ての犬種の中で「ボーダー・コリー」に次いで2位の知能を持っているといわれています。

2.活発

スタンダード・プードルは活発で遊び好きな性格です。好奇心旺盛なので、ゲームをしたり一緒にドッグスポーツを楽しめます。
可愛らしい見た目ですが、機敏で運動量の多い犬種です。

3. 自信に満ちている

スタンダード・プードルは、他の小型のプードルと比べると落ち着いて自信に満ちています。サイズが大きいのでプードルの中では最もエレガントな印象です。

性格の違いはあるの?スタンダード・プードルのオスとメスでの性格の違い

1.オス

スタンダード・プードルのオスは、メスに比べて活発ですが感情的な傾向があります。一歩間違えると家族のひとりに依存しすぎてしまうので、不安症になりやすい傾向があります。

2.メス

スタンダード・プードルのメスは、オスに比べて自立して落ち着いていますが、頑固な傾向があります。家族に対しては、平等に忠誠心を示す傾向があります。

どんな人が向いている?スタンダード・プードルを飼う人に向いている3つのポイントとは

1.コミュニケーションを取れる人

スタンダード・プードルは、いつも仲間を必要としています。あまり放置されると不安症になりやすいので、室内で飼育する犬種です。愛情をたっぷり注ぎ、コミュニケーションを頻繁に取れる人に向いています。家にいることの多い人におすすめします。

2. 一戸建ての人

スタンダード・プードルは、運動量から考えるとマンションより広い庭やスペースのある一戸建てに住んでいる人に向いています。
また、警戒心が強いので吠えると集合住宅では気になってしまうかもしれません。

3. 経済的余裕のある人

定期的なトリミングや体のケアなど、何かと出費がかかる犬種です。スタンダード・プードルは、1回のトリミング代金が2~3万円になることがあります。
特に大きなスタンダード・プードルは、経済的に余裕のある人が好ましいといえます。

ここがポイント!スタンダード・プードルのしつけの3つのコツとは?

1.早くから

スタンダード・プードルは訓練性が高い犬種ですが、しつけは早めにしっかりと行いましょう。

中には神経質な性格のスタンダード・プードルがいたり、しつけが性格に大きな影響を与えることがあります。
しつけの初心者であれば、パピークラスに入って一緒に勉強するのもよいでしょう。

2.飛びつき

スタンダード・プードルは、特に子供のうちは興奮しすぎで飛びついてくることがあります。可愛いからといってそのままにしておくと、体が大きいので後から苦労します。
飛びつきそうになったら背中を向けて無視するというのを繰り返してみて下さい。

3. 吠える

スタンダード・プードルは、警戒心から吠えることがよくあります。
無駄吠えを止めさせるには、吠えたらその場ですぐに注意するなど適切なタイミングでしつけをしなければいけません。主従関係をはっきりとさせて飼い主を尊敬させるようにしつけるようにするのがポイントです。

【無駄吠え】【ワンブル口コミ】実際に購入して愛犬のトイプードルに試してみた!体験レビュー

要注意!飼育する場合に特に注意する3つのこと

1. 運動

あくびをするスタンダードプードル

スタンダード・プードルは、精神的にも肉体的にも十分な運動を必要とします。体力に合わせて毎日朝晩1時間程度の散歩に、ゲーム要素のある運動を取り入れるとよいでしょう。
運動が足りていないと、欲求不満になって吠えるなどの問題行動を起こすことがあります。
自宅や近くに広い運動スペースを確保するのが難しいのであれば、ミニチュア・プードルなどの小型犬をおすすめします。

2. グルーミング

スタンダード・プードルの被毛は巻き毛のシングルコートで、抜け毛が少ないため比較的掃除は簡単でアレルギー持ちの人にも安心です。しかし毛が絡みやすく毛玉になりやすいため、毎日のようにブラッシングが必要です。
さらに毛をキレイに保つためには月に1度のトリミングが不可欠です。

3. 病気

他のプードル種にもいえることですが犬種改良の歴史が長いため、遺伝的な病気が多い傾向にあります。
血統などをよく調べて、信頼出来るブリーダーから譲ってもらうことをおすすめします。

スタンダード・プードルが気をつける病気

スタンダード・プードルの飼育の際に、気をつけるべき病気をご紹介します。

1.胃捻転

胃捻転は大型犬に多い病気です。なんらかの原因で胃の内容物が発酵し、臓器が圧迫されてしまいます。食事の前後の運動は避け、早食いや水のがぶ飲みをさせないようにしましょう。発症した場合、緊急手術が必要になることがあります。

2.股関節形成不全

股関節形成不全は大型犬に見られることが多く、歩行に支障をきたしてしまう病気です。普段から歩き方を観察して、何か異変を感じたら病院で診察してもらうようにしましょう。

3.外耳炎

外耳炎は耳の垂れた犬種でなりやすい病気です。
菌の繁殖などにより、音の通り道である外耳道に炎症が起こり、汚れ・臭いが強い・首をしきりに振る・耳をしきりに掻くなどの症状が見られます。定期的な耳の状態チェックや、シャンプー後は濡れたままにせず、乾燥させるなどの対策をしましょう。

4.皮膚疾患

皮膚疾患もスタンダード・プードルで気をつけたい病気です。シャンプーやトリミングで予防することは出来ますが、投薬、食事、シャンプーなどで時間をかけて治療していく必要があります。
ブラッシングやトリミングをこまめに行うことで、予防や早期発見につながります。

5.アジソン病

アジソン病は、副腎皮質機能低下症ともいわれ副腎皮質からのホルモンが十分に分泌されないことで起こる病気です。食欲不振、嘔吐、下痢、尿の量が増える、元気がなくなるなどの症状が見られます。
特にスタンダード・プードルは遺伝的になりやすい個体がいるようですので、早期発見と治療が大切です。

治療費の目安

参考ですが、各病気の治療費をご紹介しておきます。
動物病院は自由診療なので、治療費は地域や病院によって前後します。近所で実際に犬を飼っている方の口コミを参考にしましょう。
もしあまりにも高額な場合はセカンドオピニオンも検討してください。

 初診料:1200円
胃捻転(手術の場合):20万〜50万円
股関節形成不全(手術の場合):15万〜70万円
外耳炎:平均12,000円/初診
皮膚炎:平均15,000円/初診

スタンダード・プードルの平均寿命

スタンダード・プードルの平均寿命は12〜15年くらいと、比較的長寿な犬種です。

しかし、あくまでも平均寿命ですので、健康管理をしっかりと行って愛情深く接していけばもっと長く生きることも可能でしょう。参考までに大型犬の平均寿命ですが、だいたい12歳くらいです。

今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけることで、寿命はもっと長くなります。
このページの下のほうで、小・中・大型犬にオススメのドッグフードを紹介していますので、気になる方はご確認ください。

人間とスタンダードプードルの年齢比較表

スタンダードプードル 人間
成長期 1歳 10歳
成犬期 2歳 19歳
3歳 29歳
4歳 39歳
5歳 49歳
6歳 59歳
シニア期 7歳 69歳
8歳 79歳
9歳 89歳
10歳 99歳
11歳 109歳
12歳 119歳

スタンダードプードルの年齢

スタンダードプードルは、2歳の時点で人間に換算すると19歳になり、3年目以降は1年に10歳分の歳を取ります。

スタンダードプードルにおすすめのドッグフードの選び方

モグワンの画像

スタンダードプードルにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。

動物性タンパク質が50%も含まれていて、スタンダードプードルのように運動が大好きな犬種にはぴったりです。しかも栄養価が高いのでスタンダードプードルの毛艶もよくなるでしょう。トリミングなどのおしゃれも毛艶が大事ですよね♪

値段は少し高いですが、安いドッグフードのような着色料や添加物などを一切使用していないので、安心してスタンダードプードルに食べさせてあげることができます。

原材料は、人間が食べても大丈夫な高品質、ヒューマングレードのものしか使用していないので原材料、栄養バランスともに最高クラスのドッグフードと言えます。(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や着色料、原材料が使われているので病気の原因になってしまいます。)

※モグワンについてより詳しくは「獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ」の記事で紹介しています。

犬が食べると危険な食べ物

ペットにする喜び、スタンダード・プードルを飼う魅力とは

1.可愛い相棒

2匹のスタンダードプードル

スタンダード・プードルは、賢くて飼い主に懐くので初心者にも向いています。社交性もあり他の犬との飼育も可能、子供との相性も良いです。
アクティブで一緒にアウトドアにも連れていけるので、可愛い相棒になるでしょう。

2. オシャレを楽しめる

トリミング代やお手入れが苦にならないのであれば、オシャレを楽しむのにぴったりの犬種です。
可愛らしい「テディベアカット」、気品漂う「マイアミカット」や定番の「ラムクリップ」などトリミングや洋服などで様々な表情が楽しめます。

まとめ

スタンダード・プードルの原産地はフランスで、体高はオスメス共に45~60cm、平均体重は15kg~30kg。

スタンダード・プードルの毛色は、ブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュ、レッドなどの単色。

スタンダード・プードルの性格の3大特徴は、賢い、活発、自信に満ちている。

スタンダード・プードルのオスとメスでの性格の違いは、オスは活発で感情的な傾向、メスは自立して落ち着いているが頑固な傾向。

スタンダード・プードルを飼う人に向いている3つのポイントは、コミュニケーションを取れる人、一戸建ての人、経済的余裕のある人。

スタンダード・プードルのしつけの3つの重要ポイントは、早くから、飛びつき、吠える。

スタンダード・プードルの飼育に関しての3つの注意点は、運動、グルーミング、病気。

スタンダード・プードルが気をつける病気は、胃捻転、股関節形成不全、外耳炎、皮膚疾患、アジソン病。

スタンダード・プードルの平均寿命は12〜15年。

スタンダード・プードルを飼う魅力とは、可愛い相棒、オシャレを楽しめる。

関連する記事

犬に関する記事まとめ
こちらのページでは、当サイト「ペットナビ」で紹介している犬の「しつけ」や「悩み」「病気」に関する記事をまとめています。 また、犬種別のしつけや性格の記事もありますので、気になる方はぜひご覧ください。