【犬種】土佐犬とは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

土佐犬遠く見る

犬を戦わせる闘犬として知られる土佐犬。「日本犬で最強の犬種」や「犬の横綱」の異名を持っています。強くて少し怖いイメージですが実際はどうなのでしょうか。
今回はそんな土佐犬の性格と飼い方、しつけのコツについて紹介します。



土佐犬の紹介

1. 土佐犬とは

土佐犬(とさいぬ)の原産地は、日本の高知県です。土佐闘犬(とさとうけん)とも呼ばれています。闘犬以外にも、番犬や家庭犬としても飼われています。
血統書を発行しているジャパンケネルクラブの分類によると、グループ2(使役犬)に属する大型犬です。

犬のグループについて詳しくはこちらの記事→【犬の分類(グループ)とは?グループごとの特徴を理解しよう♪】

 2. 簡潔な歴史

土佐犬の歴史は古く、14世紀頃に闘犬として誕生しました。四国犬にブルドッグ、マスティフ、ジャーマン・ポインター、グレート・デーンとの交配が行われました。
その他に、セント・バーナード、ブル・テリアともミックスされたといわれています。
闘犬は現在、動物愛護の観点から海外の多くの国で禁止されています。日本では正式に禁止されていませんが、議論が続いている状況のようです。

3. 名前のルーツ

土佐犬走る青空土佐犬の名前は、繁殖が行われた地方名が犬種名になりました。
四国犬と洋犬の混血によって作られた土佐犬ですが、特に番犬、闘犬として使われているマスティフの血を色濃く残していることから「ジャパニーズ・マスティフ」とも呼ばれています。

ちなみに四国犬は、かつて土佐犬と呼ばれていましたが、現在では四国犬で統一されています。
英語では「Tosa」または「Tosa Dog」となります。

4.平均体高・平均体重

ジャパンケネルクラブによると土佐犬の最低体高が、オスが60cm、メスは55cmが許されています。平均体重は、オスメス共に36kg~61kgの大型犬です。

5.日本で飼育されている数

日本で飼育されている土佐犬の飼育数ですが、血統書を発行しているジャパンケネルクラブの2017年の犬種別犬籍登録頭数を調べてみたところ、登録数はわずか6頭と稀少犬種です。
他に比べて気軽に飼える犬種ではありませんが、一定の人気を得ています。

2017年犬種別登録頭数:ジャパンケネルクラブ

人気の犬種ランキング・ベスト133種【2018年最新版】
一般社団法人ジャパンケネルクラブに2017年に登録された犬籍を元にした【2018年最新版】の人気犬種ランキングです。133種の犬種の中でお気に入りの犬は上位にランクインしているでしょうか?

ペットショップでの購入価格

土佐犬の購入価格の相場は、血統や性別などにより幅があり20万円~50万円ほどです。闘犬になるのはオスだけなので、メスのほうが安くなります。
ペットショップでの取り扱いはないかと思いますので、ブリーダーに問い合わせてみましょう。

  • 混合ワクチン……16,000円
  • 狂犬病予防接種… 3,500円
  • 健康診断………… 3,000円
  • 畜犬登録………… 3,000円
  • 飼育グッズ………30,000円
初期費用は255,500〜505,500円

この犬と暮らしたい!でも手持ちが、そんな時のペットローン

土佐犬の毛色

土佐犬走る海辺土佐犬の毛色は、レッド(赤茶)、フォーン(金色)、ブラックが基本です。
その他に少し落ち着いた赤茶色のアプリコット、基本の色にトラのようなストライプの混ざったブリンドルなどがあります。胸部と足に白斑が入っていることもあります。

理解してあげよう!土佐犬の性格の3大特徴って?

1.勇敢

土佐犬は、冷静沈着でありながら勇敢な犬種です。闘犬らしく怖いもの知らずな性格をしています。

2. 忍耐強い

土佐犬は、頑固で忍耐強い性格です。突然闘争本能が現れることがありますが、普段は物静かでゆったり堂々としています。

3. 忠誠心

土佐犬は縄張り意識が強く警戒心がありますが、飼い主には強い忠誠心を持っていて、従順でおとなしい性格です。

性格の違いはあるの?土佐犬のオスとメスでの性格の違い

1.オス

土佐犬のオスは、メスに比べて闘争心が強く、攻撃性が高い傾向があります。

2.メス

土佐犬のメスは、オスに比べて自立していて比較的落ち着いている傾向にあります。

どんな人が向いている?土佐犬を飼う人に向いている3つのポイントとは

1. 力の強い人

土佐犬は闘争心が強く力も強いため、高齢者や女性だけの家庭には向いていません。飼い主には従順ですが、いざというときにコントロールができる力の強い人に向いています。

2. 大型犬に慣れている人

土佐犬に限らず他の日本犬にもいえることですが、日本犬独特の気性の強さがあるためしつけが難しい犬種といえます。そのため、大型犬のしつけに慣れている上級者向きの犬種です。

3. 特定地域に住んでいない人

土佐犬は特定犬種に定められ、多くの国で飼育を禁止されていたり、日本でも自治体によって飼育を制限している場合があります。お住まいの地域で制限がないか事前に確認しておきましょう。

ここがポイント!土佐犬のしつけの3つのコツとは?

1.主従関係

土佐犬並ぶ飼い主土佐犬のしつけは、主従関係をしっかりと覚えさせておくことが重要です。飼い主が絶対的なリーダーシップを示すようにしてください。最初はプロのアドバイスを受けながら行うのもよいでしょう。

2. 信頼関係

土佐犬は、幼い頃から信頼関係を築いておくことが大切です。日ごろから愛情を持って積極的にコミュニケーションをとるようにしてください。また、警戒心を高めないために早くから社会性を養うのも大切なことです。

3. 忍耐力

土佐犬は頑固で警戒心が強い面があるため、しつけには忍耐力が必要になります。正しいこと、間違ったことをはっきりと示しながら、繰り返し根気強く教えましょう。

要注意!飼育する場合に特に注意する3つのこと

1. 散歩

土佐犬は、運動量の多い犬種です。散歩は毎日朝夕2回、1時間程度が目安です。散歩中は事故にならないよう頑丈な首輪とリードをしっかりと装着しましょう。噛む力が強いので口輪もあるとよいでしょう。

2.飼育環境

土佐犬は頑丈な檻で飼育して、他の人が簡単に届かない場所に設置しましょう
自治体によって届け出が必要な場合や、飼育環境などが決められていることがありますので事前に確認しておきましょう。トラブルを避けるために周囲の人の理解も得ておかなければいけません。

3. 被毛のケア

土佐犬の短く硬いスムースコートなのでお手入れは簡単ですが、皮膚病予防のために定期的なケアをしましょう。濡れタオルで拭いたり、ブラッシングとシャンプーなどで皮膚を清潔に保つように心がけてください。

土佐犬が気をつける病気

土佐犬の飼育の際に、気をつけるべき病気をご紹介します。

1. 股関節形成不全

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)は、股関節が成長するにつれて股関節が変形し歩行に支障をきたしてしまう病気です。普段から歩き方を観察して、何か異変を感じたら病院で診察してもらいましょう。

2. 胃捻転

胃捻転(いねんてん)は、なんらかの原因で胃の内容物が発酵し、臓器が圧迫されてしまう病気です。発症した場合、緊急手術が必要になることがあります。食事の前後の運動は避け、早食いや水のがぶ飲みをさせないようにしましょう。

3.眼瞼外反症

眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)は、土佐犬のようにたるんでいる皮膚の犬種になりやすい病気です。下まぶたが外側にめくれあがった状態になり細菌感染を起こします。目やにが多くなる、充血するなどの異常が見られる場合は、早めに病院へつれて行きましょう。

4. 皮膚疾患

土佐犬は、皮膚が弱いため皮膚疾患を起こしやすいといわれています。治療は投薬の他に、食事を改善したり、定期的なブラッシングなどで皮膚を清潔に保つことが大切です。

5. 心臓疾患

心臓疾患も土佐犬で気をつけたい病気です。シニア犬だけでなく、遺伝などにより若くても発症することがあります。咳をする、疲れやすい、失神などの症状がみられることがあります。

治療費の目安

参考ですが、各病気の治療費をご紹介しておきます。
動物病院は自由診療なので、治療費は地域や病院によって前後します。近所で実際に犬を飼っている方の口コミを参考にしましょう。
もしあまりにも高額な場合はセカンドオピニオンも検討してください。

 初診料:1200円
股関節形成不全(手術の場合):15万〜70万円
胃捻転(手術の場合):20万〜50万円
眼瞼内反症:3,000〜5,000円/10万円(手術の場合)
皮膚炎:平均15,000円/初診

土佐犬にオススメのペット保険

土佐犬寝る日向土佐犬は股関節形成不全になりやすい傾向があります。大型犬はもともと体重が重いので関節に負担がかかります。土佐犬は品種改良を加えられた犬種なので、さらに関節に不自然な負担がかかり、股関節形成不全を起こしやすくなっています。

肥満や、普段から腰に負担のかかる運動を避けたり、段差などにも注意が必要です。
そのため、土佐犬を飼育する際はペット保険に入るのは必須といえます。

そこでオススメなのが『PS保険』です。

ペットサポートのPS保険

『PS保険』では股関節形成不全がしっかり保険対象!

しかも他の保険のように診断書や血統書、体毛といったものがなくても、インターネットで簡単に申し込めるのもポイントです。

月々の保険料も安いので、『PS保険』が気になった方は公式サイトでぜひ資料をご請求ください。

土佐犬の平均寿命

土佐犬の平均寿命は10〜12年くらいです。参考までに大型犬の平均寿命ですが、だいたい12歳くらいです。

しかし、あくまでも平均寿命ですので、健康管理をしっかりと行って愛情深く接していけばもっと長く生きることも可能でしょう。

今回紹介した病気や普段の食事(ドッグフード)に気をつけることで、寿命はもっと長くなります。
このページの下のほうで、大型犬にオススメのドッグフードを紹介していますので、気になる方はご確認ください。

土佐犬におすすめのドッグフード

土佐犬おすすめのドッグフードは「モグワン」です。

動物性タンパク質が50%も含まれていて、土佐犬のように肥満に注意しなくてはいけない犬種にはぴったりです。しかも栄養価が高いので土佐犬の毛艶もよくなるでしょう。

値段は少し高いですが、安いドッグフードのような着色料や添加物などを一切使用していないので、安心して土佐犬に食べさせてあげることができます。

原材料は、人間が食べても大丈夫な高品質、ヒューマングレードのものしか使用していないので原材料、栄養バランスともに最高クラスのドッグフードと言えます。(安いフードは人間の食品では禁止された添加物や着色料、原材料が使われているので病気の原因になってしまいます。)

※モグワンについてより詳しくは「獣医師も推薦する!モグワンドッグフードの口コミ評判まとめ」の記事で紹介しています。

犬が食べると危険な食べ物

ペットにする喜び、土佐犬を飼う魅力とは

1. 家族に忠実

土佐犬は、賢くて忠実な犬種です。責任を持ってしっかりしつけと管理ができれば、家族思いのよきパートナーになります。

2. 威厳のある風格

土佐犬の大型犬らしく落ち着いた性格と堂々とした威厳のある風格は、他の犬にはない魅力があります。

まとめ

1)土佐犬の原産地は日本、最低体高がオスが60cm、メスは55cm。平均体重は、オスメス共に36kg~61kg。

2)土佐犬の毛色は、レッド、フォーン、アプリコット、ブラック、ブリンドル。

3)土佐犬の性格の3大特徴は、勇敢、忍耐強い、忠誠心。

4)土佐犬のオスとメスでの性格の違いは、オスは闘争心が強く攻撃性が高い、メスは自立していて比較的落ち着いている傾向。

5)土佐犬を飼う人に向いている3つのポイントは、力の強い人、大型犬に慣れている人、特定地域に住んでいない人。

6)土佐犬のしつけの3つの重要ポイントは、主従関係、信頼関係、忍耐力。

7)土佐犬の飼育に関しての3つの注意点は、散歩、飼育環境、被毛のケア。

8)土佐犬が気をつける病気は、股関節形成不全、胃捻転、眼瞼外反症、皮膚疾患、心臓疾患。

9)土佐犬の平均寿命は10〜12年。

10)土佐犬を飼う魅力とは、家族に忠実、威厳のある風格。

コメント