【比較】トイプードルvsポメラニアン、あなたに向いているのはどっち?

「ポメラニアンも可愛いし、トイプードルも可愛い。どっちにするか決められない~~。。」

ポメラニアンもトイプードルもとっても可愛いですよね。どちらを飼うか悩まれる気持ちはよくわかります。しかし、ワンちゃんとは10~15年以上の長い付き合いになるので、飼う時はその犬種のイメージだけで選ぶのではなく、その犬種の特長、性格などをしっかり理解したうえで自分に合っているかどうかきちんと調べてから新しい家族として迎えてあげましょう。

今回は実際にトイプードルを飼っている私が、人気のポメラニアンとトイプードルを比較し、どんな方が飼うのに向いているかを調べてまとめました。新しい家族の一員として、ワンちゃんを迎える際のお役に立てれば幸いです。



トイプードルとポメラニアンの特徴

1.大きさ・体重

トイプードル ポメラニアン
体高 24~28cm 20~28cm
体重 3kg前後 1.8~2.3Kg

どちらも小型犬ですが、ポメラニアンの方がトイプードルよりもさらに小さいです。3kgに満たないコがほとんどなので、片手でヒョイと抱えられます。お出かけの時などは抱っこでも疲れにくく、楽にお出かけできますね。

我が家のトイプードルは少し大きめで4Kgですが、抱っこしても重くて疲れると感じたことはないので、小さい子が好きか、大きめの子が好きか、あとは見た目の好みになりますね。

2.毛質・毛色

・トイプードル
被毛はシングルコートでカールしています。抜け毛が少ないので室内を汚すことがほとんどありません。これは飼い主にとっては嬉しいことですね。しかし、被毛がからみやすいのでこまめなブラッシングと定期的なトリミングが必要です。

毛色は豊富で、レッド、ホワイト、シルバー、ベージュ、アプリコット(あんず色)、ブラウン、ブラック・ブルー、クリーム、カフェオレ、グレーの11種類がJKC(ジャパンケネルクラブ)で定められています。

・ポメラニアン
ポメラニアンは抜け毛が多い犬種です。被毛はダブルコートなので上毛と下毛の2重構造になっています。換毛期は年に2回あり、春と秋には大量の毛が抜けます。毎日のブラッシングは欠かさず行いましょう。

ポメラニアンも毛色が豊富です。JKC(ジャパンケネルクラブ)ではブラック、ブラウン、チョコレート、レッド、オレンジ・セーブル、ウルフ・セーブル、ビーバー、ブルー、ホワイト、パーティ・カラー、ブラック・タンの13種類の毛色が定められています。

なんといってもトイプードルの醍醐味はトリミングでいろいろなカットを楽しめる、というところだと思います。テディベアカットやアフロカットやモヒカンカットなど種類が豊富なので、沢山のカットの中からお気に入りを見つけるのも楽しいですよ。抜け毛もほとんどないので、掃除のストレスに悩まされたくない!と思う方は迷わずトイプードルを選ぶことをオススメします。

3.気を付ける病気・平均寿命

トイプードル ポメラニアン
気を付ける病気 膝蓋骨脱臼・骨折・涙やけ(流涙症)・外耳炎 膝蓋骨脱臼・骨折・気管虚脱(きょだつ)・動脈管開存症
平均寿命 12際~16歳 12際~16歳

トイプードルもポメラニアンも共通して気を付ける病気が膝蓋骨脱臼です。小型犬に多いと言われている病気で後ろ足の膝のお皿がずれてしまったり、外れてしまう病気です。ソファーから飛び降りたり、階段の上り下りなどは特に注意しましょう。

トイプードルもポメラニアンも小型犬の中で長寿の部類に入ります。小さいから身体が弱いようにみえますが、栄養価がしっかりしているフードを与え、病気の早期発見、早期治療を気を付ければもっともっと長生きしてくれるでしょう。

どちらも長生きな犬種なので、寿命だけを比べると、どちらを選んでも長く人生のパートナーになってくれるでしょう。より長生きしてほしいと考えるなら、日々のドッグフードや生活環境などをしっかり整えてあげましょう。

4.購入価格

トイプードル ポメラニアン
購入価格 15~40万円 15~30万円

トイプードルは人気な犬種なので価格が高額になります。カラーや血統や体の大きさ、流行りの顔つきなどによって価格が変わってきます。

ポメラニアンも人気の犬種です。価格が変わるのはトイプードルと変わりませんが、

トイプードルもポメラニアンも人気の犬種なので高額です。人気のカラーや血統でもちろん値段は変わりますが、若干ポメラニアンの方が購入価格は安いようです。購入価格だけ比べるとポメラニアンの方が購入しやすいですね。しかし、ポメラニアンは子犬の頃がとても可愛い犬なので、生後60日前後の子犬の価格が高い傾向にあります。

ちなみに我が家のトイプードルは購入したときは約18万円でした。月齢が6ヶ月を超えていたので価格が下がったとペットショップで説明されました。月齢も価格に影響する大きな要因ですね。

トイプードルとポメラニアンの性格

アキちゃんのトイプードル

・トイプードルの性格

  • 賢い
  • 飼い主に従順
  • 穏やかな性格だか、活発
  • 社交的

トイプードルは非常に賢くて、物覚えがよく、飼い主のいうことをすぐに理解し、とても従順です。
すべての犬種の中でボーダーコリーについで2番目に頭の良い犬種といわれています。私もトイプードルを飼って、トイレもすぐに覚えるし、しつけも覚えが早いのでこんなに頭のいい犬なのか、と驚きました。

おだやかな性格をもちつつ、活発で人が大好きなので、うちに来たはじめての人でもすぐに仲良くなるし、社交的な子が多いのもトイプードルの特徴ですね。

また、トイプードルは毛色によって性格が違うと言われています。

  • ブラック・・・頭が良く、やんちゃ
  • ホワイト・・・頭が良く、甘えん坊
  • ブラウン・レッド・アプリコット・・・マイペースで協調性がやや少ないのでしつけが難しい
  • シルバー・・・協調性が少ないが、飼い主には従順

購入する際の参考にされてください。

・ポメラニアンの性格

  • 忠誠心が強く、家族が大好き
  • 活発
  • 常に注意深い
  • 学習能力が高い

ポメラニアンは活発で家族が大好きで甘えん坊な一面がある犬種です。学習能力も高いのでしつけも比較的しやすいです。ポメラニアンの祖先はシベリアのサモエドと言われています。体は小さいですが、注意深さや、勇敢さは、サモエドの性格を引き継いでいるからかもしれません。ポメラニアンは小さな番犬になってくれるでしょう。

トイプードルもポメラニアンも賢く飼い主の忠実な性格です。

社交的で活発な性格なワンちゃんが欲しいと思う方はトイプードル、活発で勇敢、番犬のようなワンちゃんが欲しい方はポメラニアンがオススメです。

ちなみに、我が家のトイプードルは家族にランク付けをしています。自分より下だと思った人のいうことはなかなか聞かないです。私のことは上だと思っているので、どんな時も絶対服従です(笑)私がかまってあげると、とにかく嬉しそうにくぅ~んと鳴いて甘えてくる姿はとっても可愛くて癒されます。

トイプードルとポメラニアンのお世話

芝生で横を向いたポメラニアン

トイプードル ポメラニアン
お手入れ 抜け毛は少ないが、毛が絡まりやすいので毎日のブラッシングは必要。毛が伸びるスピードも速いので、トリミングは月1回が理想。 ダブルコートなので抜け毛は多い。毎日のブラッシングをきちんとしないともつれて毛玉ができてしまう。
運動量 運動が好きで活発な性格なので小型犬の割に運動量が多い。散歩は1日30~1時間程度が適正。 それほど運動量が必要ではないが、気分転換や社会化のために毎日10分程度の散歩は必要。
耐寒性 寒さに対して格別弱くない平均的な犬種です。  寒さに対して格別弱くない平均的な犬種です。

トイプードルは毎日のブラッシングと最低月1回のトリミングが欠かせないです。運動も活発なので、毎日しっかりお散歩には連れて行ってあげましょう。寒さに関しては平均的ということですが、快適に過ごせるように室温管理はしてあげましょう。

ポメラニアンは抜け毛が多いので毎日のブラッシングは欠かせません。トリミングは基本的には必要ありません。ですが、最近は定期的にトリミングする飼い主さんも増えてきています。ポメラニアンは室内で一緒に遊んであげるだけで運動量は十分なのですが、気分転換や外の刺激は必要なので、短い時間でいいので毎日散歩に連れていってあげましょう。ポメラニアンも特別寒さに弱い犬種ではありませんが、室温管理をしてあげましょう。

・毎日のブラッシングをする点では同じですが、ポメラニアンの方が若干お手入れが簡単そうです。トリミングの回数もポメラニアンの方が少なくすみます。運動もそこまで時間をかけなくてもよいので、お手入れやお散歩にあまり時間をかけられないという方はポメラニアンの方がオススメです。

逆に、お手入れは少し大変かもしれないですが、抜け毛に悩まされたくない、ワンちゃんと一緒に運動して健康的になりたいと考えている方は活発なトイプードルをオススメします。

トイプードルとポメラニアンのドッグフード

・トイプードルのドッグフードを選ぶポイント

  • 高たんぱく
  • チキンがメイン
  • 穀物不使用(グレインフリー)

トイプードルは膝蓋骨脱臼を発症する子が多いです。高たんぱくなドッグフードで体重をコントロールして、足やひざ周りに筋肉をつけ、膝蓋骨脱臼を予防しましょう。

トイプードルはたれ耳なので外耳炎になりやすいです。チキンがメインなフードはビタミンA・Bベータカロテンなどの粘膜強化や免疫力向上に必要な栄養素が多く含まれています。

犬は穀物を消化するのが苦手です。穀物の割合が多いドッグフードはワンちゃんの体に負担がかかります。

これらの条件を満たしているドッグフードはカナガン・ネルソンズ・オリジンです。
ドッグフード選びの参考にされてください。

『カナガン』の公式サイト  

・ポメラニアンのドッグフードを選ぶポイント

  • 高たんぱく
  • 無添加
  • 穀物不使用(グレインフリー)

ポメラニアンの筋肉量を維持して基礎代謝をあげ、太りにくくするために高たんぱくなフードを選びましょう。定期的な散歩や運動も大事です。

犬は腸が短い生き物です。ポメラニアンのように体が小さいということは、それだけさらに腸が短いということです。
腸が短いと穀物を消化するには負担がかかるということです。なるべく穀物を使っていないフードを選んであげましょう。

これらの条件を満たしているオススメのドッグフードはカナガン・ファインペッツ極・オリジンです。
ドッグフード選びの参考にされてください。

『カナガン』の公式サイト  

・トイプードルもポメラニアンもオススメのドッグフードはカナガンですが、体重によって給仕量が決まるので、体の小さいチワワの方がフードにかかる費用は少なく済みます。


・まとめ

今回、トイプードルとポメラニアンの特徴や性格などを比較してまとめてみました。
どちらも魅力のあるワンちゃんなのでどちらかを選ぶのは難しいですが、生活スタイルや好みなど、これだけはゆずれないというポイントに絞って検討するのも大事だと思います。

トイプードルを飼っている私がゆずれなかったポイントは、子どもがアレルギー気味なので、「抜け毛がない」というところにこだわりました。実際飼ってみて全く毛が抜けないことに感動しました。毛が抜けないので子どものアレルギーも全く出ないし、掃除は楽だし、子どもも思いっきりワンちゃんと遊べて嬉しいようです。

結果、私はトイプードルを飼ってとっても満足しています。飼った後に「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔しないように、しっかり自分の性格やライフスタイルに合っているかを検討してワンちゃん迎え入れ、幸せなワンコライフを楽しんでくださいね♪

関連する記事